発達支援教室 ビリーブ 発達に心配のあるお子さまに対し、専門的な発達支援を行う教室です(大宮駅から電車で約20分)
お申し込み・お問い合わせ

ビリーブは、発達に心配のあるお子さんに専門的な療育や教育を提供する場として、2007年4月に設立されました。 現在、埼玉県全域、東京都、茨城県、群馬県などから、約90名のお子さんに通室していただいています。

お子さんの内訳は、幼児期から小学生、中学生、高校生、社会人まで。その多くは、長期間にわたり通っていただいています。

楽しさ溢れる、安心できる環境の中で、お子さんが持っている可能性を最大限に発揮できるよう、私たちにお手伝いをさせていただければ幸いです。
臨床経験豊富な専門スタッフが、ご来室をお待ちしております。

ビリーブの大きな特徴として、以下の4点が挙げられます。


 1. お子さんに合った課題を提供します
 2. 常にお子さんの将来を見据えています
 3. 幼稚園や学校の先生方と連携を取ります
 4. 保護者相談を密に行います

また、具体的にはお子さんの以下の力を育てていきたいと考えています。
 1. 自己コントロール力
 2. 見る力、聴く力、イメージする力
 3. ソーシャルスキルの力
 4. 学習の基礎力、応用力

※各項目の詳しい内容は、次ページビリーブとはをご覧ください

発達支援教室 ビリーブ

発達支援教室 ビリーブ
ビリーブの教材、楽器を大公開!  
ビリーブ入会をご検討されている方からのよくあるご質問*Q&A

発達支援教室 ビリーブ

発達支援教室 ビリーブ
2020/4/9

【お知らせ】
埼玉県では緊急事態宣言も出され、コロナウイルスの蔓延が心配されています。そのような状況ですが、ビリーブは、今のところ通常通り授業を行っています。

ただし、消毒や換気などを頻繁に行い、感染防止に努めています。また、授業をいつもの教室ではなく、大教室で行い、お子さん同士の間隔は2メートル以上あけています。さらに、お子さんおよびスタッフはマスク着用を徹底し、保護者の方には階段下までの送迎でお願いしております。

なお、ご心配で欠席されるようでしたら、振替の対応も行っております。
以上、よろしくお願いいたします。

2020/4/7

【お知らせ】
加藤が新しく本を出版します。
こんなときどうする?発達が気になる子への指導・支援Q&A100』(明治図書)
拙著は、これまで私(加藤)が保護者の方や教師、子どもの専門家、学生さんなどから受けた数々の質問にお答えした内容をまとめたものです。ハウツー的なものにならないよう、できるだけ目の前の子どもの姿からスタートし、一人ひとりの子どもに合う視点を大切にしました。

≪Q&Aの具体例≫
Q 情緒が不安定になりがちな子
Q 落ち着きがなく多動傾向の見られる子
Q 行動が全般的に遅い子
Q パニックを頻繁に起こす子、何にでも拒否をする子
Q ことばがなかなか出ない子、または思ったことを口に出してしまう子
Q 文字の読み書きが難しい子、音読で読み間違いが多い子
Q 算数の基礎(土台)が身についていない子
Q 文章読解や作文、読書感想文が苦手な子
Q 宿題をなかなかやろうとしない子
Q 厳し過ぎる子育て、応じるだけの子育てはなぜよくないのですか?
Q 就学に関する不安があるのですが、どうすればよいですか?
Q 通常学級から特別支援学級に転籍する際、何を大切にすればよいですか?
Q 兄弟姉妹への配慮はどのように行うとよいですか?
Q 幼児期につけたい力にはどのようなものがありますか?
Q どうしてユーモアのセンスを持つことが大切なのですか?
Q ネガティブな行動に反応し過ぎることはどうしてよくないのですか?

 他にも、Q&Aが100もありますので、大抵の悩みに答えるような形になっています。子育てや教育活動に役立つ内容となっていますので、是非ご一読いただければと思います。よろしくお願いいたします。

2019/11/16

【お知らせ】加藤が、昨年度に引き続き、2020年2月2日(日)に、桜林記念「音楽療法研究会」(国立市・スペース コウヨウ 国立6F研修室)にて、音楽療法の講演を行います。 HPより申し込みをされれば、どなたでも参加できます。(案内はこちら

2019/9/20

【お知らせ】加藤が、11月9日(土)に、埼玉純真短期大学で開催される『第9回特別支援教育・発達障がい研究セミナー』にて、音楽療法的活動の講義及びワークショップを行います。 どなたでも参加できますので、案内をご覧ください。(案内はこちら

2019/7/27

【お知らせ】藤江が、7月26日(金)に埼玉県立騎西特別支援学校にて、講演(職員研修会)を行いました。

2019/7/15

【お知らせ】加藤の著書『<特別支援教育>学びと育ちのサポートワーク8 ソーシャルスキル「イメージ力」アップ編』(明治図書)が発売となりました。内容につきましては【著者インタビュー】に詳しく掲載されています。参考にしていただければと思います。

2019/3/24

【お知らせ】
加藤が、3月20日(水)に埼玉県立北本高校にて、全校生徒及び教員対象に講演を行いました。

2018/7/26

【お知らせ】藤江が、8月6日(月)の埼玉県特別支援教育研究会・音楽部会(浦和特別支援学校)にて講演を行います。

2018/7/7
【お知らせ】 加藤が、7月30日(月)と11月15日(木)に行われる蕨市教育研究会・研修会及び授業研究会において、小・中学校の先生方に講義・指導・助言を行います。
2018/6/28
【お知らせ】 加藤が、埼玉県特別支援教育研究会・第58回 研究協議会(草加大会)(8/2)に、指導助言者として参加します。
どなたでも参加できますので、大会案内をご覧ください。
2018/6/22
【お知らせ】加藤が、6月25日(月)に、都内のジョイナス発達支援センター(中村橋駅前教室)にてスタッフの方に講演を行います。また、7月9日(月)には、上尾かしの木特別学校PTA研修会にて保護者の方に講演を行います。

★2020/7/1 加藤 7月になりました
★2020/6/1 加藤 6月になりました
★2020/6/1 藤江

焦らずいきましょう

★2020/5/1 加藤 5月になりました






【著書のご案内】

『こんなときどうする?発達が気になる子への指導・支援Q&A100』(明治図書、加藤博之)  
『障がい児の子育てサポート法』(青弓社、加藤博之・藤江美香著)  

<特別支援教育>学びと育ちのサポートワーク8 ソーシャルスキル「イメージ力」アップ編

 

<特別支援教育>学びと育ちのサポートワーク7 算数「生活に役立つ力」の実力アップ編

 

<特別支援教育>学びと育ちのサポートワーク6 国語「書く力、伝える力」の実力アップ編

 

<特別支援教育>学びと育ちのサポートワーク5 「ソーシャルスキル」柔軟性アップ編

 
<特別支援教育>学びと育ちのサポートワーク4 算数「操作して、解く力」の基礎力アップ編  
<特別支援教育>学びと育ちのサポートワーク3 国語「書く力、考える力」の基礎力アップ編  
<特別支援教育>学びと育ちのサポートワーク2
かずへの準備・チャレンジ編
 
<特別支援教育>学びと育ちのサポートワーク1
文字への準備・チャレンジ編
 
『発達の遅れと育ちサポートプログラム 子どもの世界が広がる遊び63 』
 
『子どもの世界をよみとく音楽療法 特別支援教育の発達的視点を踏まえて』  
『子どもの豊かな世界と音楽療法 障害児の遊び&コミュニケーション』  
『音楽療法士になろう!』  











 

HOMEビリーブとはコース案内おやこの広場講演・研修よくあるご質問お問い合わせ
株式会社ビリーブ 〒362-0813 埼玉県北足立郡伊奈町学園二丁目73番地 
TEL 048-674-6610 (受付時間 火〜木、土曜日 9:00〜19:00)